A440

シン・ゴジラ

映画「シン・ゴジラ」のポスターにかざすと、見ているはずのポスターが崩れ、その奥に3Dで動くゴジラと、燃える街が現れます。一般的にARというと、マーカーから飛び出てくるものが主流ですが、あえてマーカー(今回はポスター)の向こう側にバーチャルな世界が広がっている演出にしました。

また、スクリーンショットにも仕掛けがあり、オルタレイの機能からスクリーンショットを撮ると、新聞の号外フレームが自動的に挿入されます。号外フレームの数は7種類あり、起動するたびにランダムで入れ替わります。SNSで共有される仕組みにしたいという強い要望もあり、あえて号外という言葉とランダム性を取り入れました。オルタレイでは、スクリーンショット撮影とSNS投稿の仕組みは、デフォルトで搭載しています。
今回は、ゴジラの3Dデータのみ支給していただき、アニメーションや背景の3Dモデル、演出をすべて作成しました。オルタレイでは内製のクリエイタが常駐しているので、足りないアセット(素材)はすべて用意することができます。

Credits

Client: 東宝 / Yoshikatsu KANEMARU / Yuichi NISHIZAWA / Fumiteru SATO /